3%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%b4%84%e6%9d%9f-3

∇ 作業療法士を配置しています

  • 身体的、精神的、社会的、経済的等 多面的な視野で アセスメントし、具体的にあなたの「できる」ことと 仕事をマッチングいたします。
  • 医療と福祉両面にかかわる専門職の強みを生かし 多職種や地域と協働し総合的な支援を行います

∇メンバーの自立をサポートします

  • 常日頃から小さなことでも選び、決定することを 心がけ自己肯定感を高めます。
  • その日の予定はメンバーが数あるプログラムから 選び、決めていただきます

※メンバーとは?:私たちはご利用される方を一緒に一般就労を目指す同志と捉えています。一緒に就職を目指そうという意味を込め、メンバーと呼んでいます

∇本物の仕事をご用意します

  • 仕事の真似事だけでは本物の仕事力はつきません。Jadeでは委託事業・自主事業の開発にも力を入れます

 

jade-プログラム

その方お一人おひとりに合った「働く」をみつけていけるように、それぞれの特性や目標、スキルに合わせて取り組めるプログラム構成となっています。作業療法士を中心に個別支援計画を立て、あなたの就職、定着を支援します。

jade-プログラム

jade-プログラム

 

jade問い合わせ

 

1日のスケジュール(例)  1週間のスケジュール(例)

1日のスケジュール(例)
時間 内容
9:30 朝礼・ラジオ体操
9:40 掃除
10:00 午前プログラム
12:00 昼食・散歩【各自】
13:00 午後プログラム
15:00 情報収集(求人情報の検索)
15:20 振返り・終礼

 

1週間のスケジュール(例)
曜日

AM

(10:00-12:00)

PCスキル SST

疾患への対処法

ビジネスマナー

社会資源探索

PM

(13:00-15:00)

 軽作業・事務作業 軽作業・事務作業 軽作業・事務作業 軽作業・事務作業  軽作業・事務作業

職業トレーニングプログラム

1. PCスキルトレーニング

 WordExcelPowerPointの基礎~応用まで、ビジネス文書の作り方等

2. 事務作業トレーニング

 上記のPCトレーニングの成果をさまざまな実際の事務作業(各種製品の生産管理等)で応用を図る

3. 軽作業トレーニング

 当社独自制作の自主製品の制作、及び他企業からの受注による作業により多様な作業体験を行う

4. 企業実習

 以上の事業所内訓練の成果を踏まえ、実際の企業で職務の体験実習を行い、職業的な応用能力を培う

コミュニケーションスキルプログラム

1. ビジネスマナー

 挨拶や、職務を遂行するにあたってのマナー、一般常識を学ぶ。実際の企業実習に出る際の準備も意味している。

2. SST(Social Skills Training : 社会生活技能訓練)

 自分の考えや、気持ち、相手に対する要求などをもっとうまく伝えられるようになるためのプログラム

例:進行役の職員のもと5-6人の利用者が、上司との付き合い方について自由な意見交換を行う過程で個人の思い込み等にとらわれず、様々な視点から解決策を見出す。

日常生活安定化プログラム

1. 疾患への対処方法

 様々な疾患を抱えた方の来所が想定される。自分の疾患,障害にのような特徴があり、どのようにすれば働けるのか正確な知識を提供しつつ、一緒に考える。

2. 自己管理能力向上プログラム

 ストレスや怒りなど自身の感情と上手に付き合っていくための方法を学ぶ

例:ストレスはなぜ起きるのか、イライラのコントロール法など

3. 家族・保護者支援プログラム

 就労するに当たり、家族の理解は非常に重要である。家族に利用者が現在どのような状態なのか、施設での様子、家庭での様子など情報交換する場を提供する。

リフレッシュプログラム

1. 目的

日常生活においてリフレッシュの機会を持つことが苦手な利用者様が参加されることがあります。事業所から積極的にそういった機会を提供することを目的としています。

2. プログラム例

散歩、スポーツ、レクリエーション、食事会、地元イベント参加、社会参加資源の探索など